トップページ >  > 看護師として今回で3回目の転職ですが大丈夫でしょうか?

看護師として今回で3回目の転職ですが大丈夫でしょうか?

色々とあり、病院を転々としてきました。3回目の就職ともなると採用してもらえないのでは?と不安です。

まず、看護師の転職回数は他の職種と比べて平均的に多いと言われています。 なので3回目の転職を...というナースは、実はそんなに珍しくはありません。医療現場で働くという事はそれだけ責任もあり、それぞれの病院の内部事情や人間関係なども時として大きな壁となることがあります。 前回はなぜその職場をやめたのか?結婚や出産、給与や労働時間の不満、人間関係などの問題。 理由は様々ですが、それらを明確にすることで、次の転職先を決めるときに役立つはずです。 2回目、3回目の転職でも採用率の高い紹介会社もあり、優良なコンサルタントもサポートしてくれます。 長く務めるのはとても良い事ですが、転職を重ねたからといって臆することはないのです。

転職の回数よりも不利な条件とは?

看護師の場合、人柄を重視する職業なので、やはり採用はほとんど面接で決まると言われています。 その面接で好印象を与えられれば、入職できる確率はかなり高いようです。 やはり転職回数が多すぎると、「この病院でもすぐにまた辞めるのではないか?」と思われ、マイナスなイメージを持たれてしまいます。 ですが転職回数の平均が多い看護師の場合、2、3回目の転職経歴があるのは珍しくないのです。 逆に、5回や6回となってしまう人はあまりないので、多くても大体3回目くらいの転職で落ち着くようですね。
採用に不利な条件とは何?

子供がまだ小さい、夜勤ができないなどの条件を出したことにより
不採用になってしまうケースが多いようです。中には結婚したばかり
というだけで不利にしてしまう病院も。打開策はないのでしょうか?

転職に成功するカギ

転職先を決めるポイントは、前の職場で不満があった点をクリアしているか。 夜勤なし、日勤のみ...など、自分の条件を受け入れてくれている病院かどうかです。 転職の際にここをきっちりクリアしないと、すぐにまた転職...という事になってしまいますよね。 大切なのは今までの転職回数を気にするよりも、自分の出した条件に見合った病院やクリニックに入るのを目標とすること。 100%希望に合う職場は、もしかしたら難しいかもしれませんが、条件はうやむやにせず、きちんと明確にしておきましょう。 看護師の求人サイトはそんな方の為に、通常では公開されない非公開求人を始め、希少な求人や厚待遇な求人を多数用意しているのです
あなたの転職は大丈夫?